ウェブサイト

インターネットを利用すると、必ず目にするのはウェブサイトの存在です。
あらゆるコンテンツのうち、もっとも利用されているのが、このウェブサイトでしょう。
インターネットで提供されているコンテンツはもちろんウェブサイトだけではありませんが、一般的には「インターネットですることといえば、ウェブサイト閲覧」という認識も珍しくありません。
以前までは、ウェブサイトといっても、文章だけの今と比べて寂しいものでしたが、今では画像、音楽、動画などを利用できたり、ソフトをダウンロードできたり、ショッピングなどのサービスを受けることが可能になりました。
また、ウェブサイト作成者だけが情報発信するのではなく、閲覧者も情報を書き込めるようになりました。
このように、ウェブサイトは誰でも参加できるインターネットとしての意義をより高めるものですが、簡単に参加できるということはメリットだけでなく、デメリットも大きいものになります。
たとえば、簡単に情報を発信できることで、多くの情報を共有することができますが、悪意のある情報も存在します。
中には、事実無根の誹謗中傷もあるでしょう。
情報を発信できるがゆえに、人々の良い部分も悪い部分も浮き出ているのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) インターネット業界評論 All Rights Reserved.